売られたケンカ、買いますか??

こんにちは!魔法の現実化カウンセラー・夢実現コーチ・占い師の神﨑さおりです。

 ”自分の状態が整えば、見える世界は変わる”



とは言うものの、

自分がどれだけクリアな状態になっても、


自分に突っかかってきたり、
ケンカ売ってきたり、
愚痴を延々と言ってきたり・・・・



そんな人がいる。

よく、
”そんな人からは離れればいい”
って言われるけど、


簡単に距離を置けない相手、


・仕事上関わらざるを得ないチームメンバーだったり
・親、夫、子どもなどの家族だったり
・お客さまだったり


そんな場合、どんな風に対処するのが最善か?

っていうご相談を受けました。





これね、
色んなやり方あると思うんだけど、
個人的には
2つのステップで対応することをおすすめします。



あ、大前提ですが、
私は
「売られたケンカはそのまま買いません」


理由は
ケンカ買うのは簡単だけど、
そのケンカしているあなたの姿は、
あなたの在りたい自分でしょうか?


ケンカを買ってしまうと、
あなたも
その売ってきてる方と同じ状態になっちゃいます。



ケンカを売ってくる方の在り方は、
私の在りたい姿ではないので買いません。



そもそも、
ケンカを売ってくる方や
自分のストレスをそのままぶつけてくる方って、


苦しい気持ちを
自分の中で処理する方法が分からないから、


”ケンカを売る”っていう行動・言動が出ちゃうんです。

いわゆる「投影」ですね。

https://ideal-life-create.com/2023/07/27/%e3%80%8c%e5%ab%8c%e3%81%84%e3%81%aa%e4%ba%ba%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%81%84%e3%82%8b%e3%80%8d%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%80%81%e5%ab%8c%e3%81%84%e3%81%aa%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%8c/



これねよく、
「子どもにイライラして当たってしまう」ときに
例えられたりしますが、


親側は
思うように動いてくれない子どもに、

どのように声掛けしたらいいのか分からなくて、

時間がなかったり、
他にやることがあったりしてソワソワ、

段々イライラしてきて、怒鳴ったりして抑えつけちゃう。

要は親側が、
子どもを思うように動かしたい!!
でもその方法が分からない!!
っていうストレスを、
子どもに怒鳴るって形で吐き出してるんですね。



子ども側も

まだ遊びたいのに、遊ぶなっていう親に
自分の想いを伝えたい。
もっと遊ばせてほしい。

語彙力もないから
それらがうまく伝わらない。

誤解される。
分かってもらえない。

泣く、かんしゃく・・・みたいな。


要は子ども側も、
親を思うように動かしたい!!
分かって欲しい!!
うまく伝わる方法が分からない!!

っていうストレスを、
グズグズする、かんしゃく起こす、
っていう形で吐き出しています。






その瞬間、
思い通りにいかないことからくる、

怒りや憎しみ、妬み、
悲しみ、苦しさ・・・・




このような感情ってすべて
自分で「処理」できるんですね。


でも「処理」の仕方が分からない。

たまるから、
ストレスになる。
何とかして欲しい、
出したい、ぶつけたい・・・・



そのループです。




具体的にどのようにするかと言うと、


①課題の分離

②許可を取る




この2ステップです。
シンプルですよね。
Aさんのご相談に返信形式でやってみますね!!



◎会社員AさんよりLINE
「自分が整ってきたのはすごく分かるんだけど、
職場の〇〇さんがすごく突っかかってくる。
ケンカ売ってくる感じなんです。
さおりさんは、こんなときどうしてますか?」

>>
①課題の分離

まず職場の〇〇さんがすごく突っかかってくる、
ケンカ売ってくる事実そのものは、
〇〇さんご自身が「感情処理を学ぶ必要がある」という課題です。

Aさんには関係ないことなんです。


Aさんの課題は、
「ケンカを売ってくる方に、どのように対応するか?」だけです。




②許可をとる
>>さおりさんは、こんなときどうしてますか?

許可をとります。
ケンカ売ってきた方に、
「そのように思われるんですね。
(YesもNoも言わない)
私から少しお話ししてもいいですか?」

ってお伝えすることが多いですね(*^^*)

他にも

・話しかけてもいいかな?
・今話しても大丈夫かな?
・3分お時間もらっても大丈夫?
・LINEしても大丈夫?
・電話してもいい?


こんな風に、
私はあなたとコミュニケーションを取りたいです、
っていうメッセージ
をこちらから出すことって、
私はとても大切だと思ってて、よくやっています。


許可をとるって、
お相手の方にYesって言ってもらえるチャンス。


話してもいい?→Yes

この会話ができると、
お相手にとっては、
Aさんの話を聴くことは「自分が決めたこと」に変わります。


自己決定って本当に大事で、
それだけで満足感が得られます。

一方的に、許可も取らず勝手に話しかけると、
聞きたくないのに聞かされる話になっちゃいます。



そして、
許可を求められるって、
尊重してもらってる、大切にしてもらってるって、

無意識レベルですが、お相手の自己肯定感をUPすることにも
繋がっています。

試してみてくださいね。






なんとなくでいいのですが
伝わりましたでしょうか??



投稿者プロフィール

神﨑 さおり
神﨑 さおり
理想の人生をつくる「Ideal Life Create」(アイクリ)代表。株式会社フォーマルハウトCEO。

神社家系で生まれ育ち、生まれつきの霊能力者・占い師。福岡の田舎で生まれ育ち、3人の子どもの母でもある。

起業前は会社員を2社で合計14年間経験。
管理職としての組織マネジメント業務・リクルート社では転職支援業務に携わる。
妊娠出産をきっかけに自分自身が人生迷子になったことから、自分の本当の夢や魂の使命を見つけ、起業することに決め現在に至る。
占い師としてのキャリアは20年以上。ヘリオセントリック占星術という、一般的な占星術とは異なる宇宙視点の占星術や霊視、オラクルカードなどを使って、クライアントさまのお悩みを解決し、魂の願いを叶えるお手伝いをする。
さらに、NLP心理学という最新の心理学のマスタープラクティショナーの資格も保有しており、カウンセラー・コーチとして15年以上の経験を持つ。
自身も苦しい過去を持っており、毒親育ちを乗り越えた経験などをしている。
変化が早い勇気の出るセッションを得意とし、クライアントさまが自己成長し、人生を好転させるお手伝いをすることに情熱を注いでいる。
目標はクライアントさまが本当の自分を見つけ、魂の使命を発見し、本当の意味で自立した人を増やすこと。
そのために機会を提供し、一緒に変化を体験する生き方をしている。
クライアントさまのパートナーとしてまだ知らない世界を追求する旅に同行し、世界が変わる魔法のような変化を起こし続けている。