負け方を知るだけで、目標達成は楽勝になる

こんにちは!生き方がわかる星読み・占星術師の神﨑さおりです。

特に頑張り屋さん・完璧主義な方に強く出やすい傾向なのですが、
「目標達成できない」って分かった瞬間に
やる気がグーンと落ちてしまって、
本来の実力ですら発揮できずに終わることがあります。

例えば、私は元々営業職なので、
締切日って常にありました。

14年もいたので、累計で168回、毎月の締切のヒリヒリ感を味わっています(笑)

月ごとの締切だけでなく、
週間ラップとか(途中経過の目標進捗)、
プロセスとか、KPIとか・・・

仕事(売上)をテストのように点数化する指標たち、
たくさんの数字に囲まれて仕事していました。

THE営業会社2社で、
168回締切を経験すると・・・
それなりに色々ありました(笑)

20日過ぎて、月末が近付くなかで、
売上目標の50%もいってない、
見込みもまったく目途がたってない、

「あと50%以上の目標残があるのに、この状況からすると、
 達成するのはとうてい不可能だ」

と悟った瞬間に、モチベーションが激減して
気力がプツッと切れて、目標の半分の50%すら死守できなくなってしまうように。

わたしも初めて営業組織の管理職になったとき、
30人以上の営業メンバーを先導する立場で、
まさにその状況に陥りかけました。

そんなとき・・・
リーダー職をやってくれていたメンバーが

「何にこだわりたいのかだよね」

とアドバイスをしてくれたんです。

そのアドバイスで
「勝ち方(目標達成)ばっかりに目がいっていたけど、
負け方(未達)の仕方も考える必要があるんだな」って初めて知りました。

それまでの私は、

管理職ではなくいち営業の目線でした。

個人目標は達成して当たり前、
何なら1位にいつもこだわっていました。
2位になると悔しかったので(笑)、未達って考えたことすらなかったんですね。

元々が体育会系の部活出身で、
副キャプテンやっていたこともあり、
チームが勝たなきゃ意味がない。
チームが勝たないとハードな練習してきたことが無駄になる。
チームが勝たないとチームメンバーの努力も水の泡。

そんな思考回路が染みついていました。
上に上に・・・・といかに勝ち進めるか?みたいな思考回路の持ち主でした。

何にこだわるのか、つまり負け方とは、

「100点満点の達成は「1位」
 80点のゴールは「未達でも◎◎は達成した状態」
 そして70点のゴールは「未達だったけど〇〇は学べた・翌月に繋げられる何かを得たという状態」

というものです。

これらをあらかじめ決めておくのもおすすめです。

例えばさっきの営業の話でいくと、

「1位取るのが無理」と
知った月半ば15日くらいの時点で、
ゴールを「目標達成すること」に切り替え、
軌道修正する。

「目標達成が無理」と分かった20日くらいの時点で、
ゴールを「◎◎は達成する」に切り替えて
そこだけはこだわって月末を迎える。

ただ「達成できなかった・・・・」って、
本来の実力すら発揮できないボロボロの状態よりかなりましです(笑)

冷静に考えれば、別に1位じゃなくても「目標達成」という終わり方は
決して悪くはないし、仮に未達したとしても「〇〇だけは達成できた」「次に繋がる学びを得た」は
十分に良い結果です。

ところが、何かしらの目標に向けたチャレンジの渦中にいると冷静さを失い、
極端な「ゼロか100か」思考になりがちなのが、
頑張り屋さん・完璧主義の落とし穴です。

当初立てた、
「1位」みたいな高い高いハードルの自主目標を勝手に追いかけて、
できないって悟ったら、結果がボロボロ。

頑張ってるのに自爆する・・・。
当たり前にコントロールできる方から見ると、何やってんだ!!(笑)そんな感じです。

わたしは上記の体験から、
自分が高すぎる目標を掲げがちであることを痛感して、

「3段階のゴール設定を予め用意して、
 ギアチェンジする柔軟性を持つ」

ことの大切さを学びました。

「ゼロか100か」の硬直化した発想ではなく、
ゼロよりは50、70、80のほうがいい。

一気に100は難しいなって悟ったとしても、
80点ゴールも楽しく狙い、肩の力を抜いて
100点満点を目指す、という感覚です。

このように、段階的なゴール設定をしておくと、
一見大変に見えるような高い目標の仕事に関しても、
リラックスしてプロセスも楽しみながら取り組めるので、
結果としてパフォーマンスが最大化します。

3段階のゴール設定による、「頑張り屋さんの負け方」の実践、
お勧めします。

今日は具体的な対処法を書いたのですが、
実は頑張り屋さん・完璧主義者の方って、

「負ける」という言葉が大嫌いなんです(笑)

・負けることは恥ずかしいこと

・失敗する姿なんて見られたくないし、見たくない

・そんな姿見られたらプライドがズタズタ(不名誉・自尊心)になる

こんなメンタルを抱えているからこそ、
極端な「0ー100思考」が発動するんです。

投稿者プロフィール

神﨑 さおり
神﨑 さおり
理想の人生をつくる「Ideal Life Create」(アイクリ)代表。株式会社フォーマルハウトCEO。

神社家系で生まれ育ち、生まれつきの霊能力者・占い師。福岡の田舎で生まれ育ち、3人の子どもの母でもある。

起業前は会社員を2社で合計14年間経験。
管理職としての組織マネジメント業務・リクルート社では転職支援業務に携わる。
妊娠出産をきっかけに自分自身が人生迷子になったことから、自分の本当の夢や魂の使命を見つけ、起業することに決め現在に至る。
占い師としてのキャリアは20年以上。ヘリオセントリック占星術という、一般的な占星術とは異なる宇宙視点の占星術や霊視、オラクルカードなどを使って、クライアントさまのお悩みを解決し、魂の願いを叶えるお手伝いをする。
さらに、NLP心理学という最新の心理学のマスタープラクティショナーの資格も保有しており、カウンセラー・コーチとして15年以上の経験を持つ。
自身も苦しい過去を持っており、毒親育ちを乗り越えた経験などをしている。
変化が早い勇気の出るセッションを得意とし、クライアントさまが自己成長し、人生を好転させるお手伝いをすることに情熱を注いでいる。
目標はクライアントさまが本当の自分を見つけ、魂の使命を発見し、本当の意味で自立した人を増やすこと。
そのために機会を提供し、一緒に変化を体験する生き方をしている。
クライアントさまのパートナーとしてまだ知らない世界を追求する旅に同行し、世界が変わる魔法のような変化を起こし続けている。